井戸掘りが注目される理由がある|欠点回復術

井戸

コストを下げて調査

新しく住宅を建てる場合は、義務として地盤改良が義務付けられています。昔は緩かったものの欠陥住宅が増えたことで見直されるようになりました。安く調査依頼が出来るため、積極的に依頼したいものです。

Read more

安全を考えた取り組み

地震に強い住宅にするためには、それに合わせた環境改善が不可欠になります。特殊な工事になるため、費用も莫大ですが、軟弱の地盤に家を建てること自体危険であることを知っておくべきです。

Read more

信憑性のある調査

地盤調査の方法と種類

戸建て住宅を建築する際に行われている地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法で地盤の強度が調査されます。このほかの地盤調査方法には表面波探査法、ボーリング・標準貫入試験といったような試験方法があります。ボーリング・標準貫入試験はビルなどの大型建築をする際に用いられる地盤調査方法ですので戸建て住宅での調査には用いられることはありません。スウェーデン式サウンディング試験と表面波探査法が戸建て住宅で用いられる地盤調査方法ですが、同じ土地を調査しても二つの調査方法の結果が異なることもよくあります。表面波探査法では地盤改良が必要ないのにスウェーデン式サウンディング試験では地盤改良が必要という結果が出ることが多いです。井戸掘りなどでは、特殊機械が必要となるでしょう。

調査結果の信用性と保証

スウェーデン式サウンディング試験も表面波探査法も一回の調査で掛かるのは5万円から10万円程度です。一般的にはスウェーデン式サウンディング試験での地盤調査が一番安いとされています。現在の法律では施工会社は施工後10年間はその瑕疵(欠陥)を保証しなけれなならないということが定められています。この法律により地盤が軟弱で建物が傾いたり損壊した場合も保証しなくてはならなくなりました。ですからどの建築会社でもきちんとした調査が行われその調査結果に基づき地盤改良が行われるのです。施工会社からするとより安全側の施工を支持したいと考えます。とはいえ安全側の施工を行うには費用が掛かり施主の負担が大きくなってしまいます。費用面で他社に顧客を持っていかれることを防ぐためにこのギリギリのラインが設けられている場合が多いのです。地盤調査の結果に納得がいかない場合は場合によっては地盤調査のセカンドオピニオンも必要です。とはいえただ高額の費用を請求するために地盤改良を要求しているのではないということも理解して住宅建築を計画しなければなりません。

改良で欠陥をなくす

家族が安心して住める場所にするためには、地盤改良が不可欠になります。結果、地震に強い家作りができますからやって損することは一切ありません。調査結果で費用の相場が分かりますが担当者との話し合いも重要です。

Read more

↑ PAGE TOP