井戸掘りが注目される理由がある|欠点回復術

コストを下げて調査

簡便で安価な地盤調査方法

住宅を新たに建築する場合、地盤調査を行って、必要に応じた地盤改良をすることは住宅建築会社に義務付けられています。かつては、地盤調査もろくに行わずに住宅を建築することもありましたが、軟弱地盤に住宅を建築した結果、欠陥住宅となってしまうケースが増えたため、地盤改良が義務づけられたのです。地盤調査には、一般的にスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法が採用されており、簡単に調査が行えます。これは、土地にドリルを埋め込んでいくのにどの程度の荷重が必要かを調査することで地盤の強度をはかるもので、調査個所数にもよりますが、10万円程度で行えます。簡便で安価な調査方法ですので、土地の所有者さえ許可してくれれば購入前の土地でも試すことができます。

地盤の調査方法の歴史

地盤の調査方法にはいくつかのものがありますが、住宅の場合に一般的なスウェーデン式サウンディング試験は、簡便ではあるものの精度はそれほど高くありません。もっとも高い精度を誇るのは、実際に地下の地層を取り出して、どのような状況化を調べることですが、実際には、かなりの手間がかかるため、長い歴史を経て、現在の簡便な手法が一般的な地盤調査の方法となっています。ただ、このほかにも住宅建築の際に、表面波探査法と呼ばれる調査方法が採用されることもあります。調査会社によって調査方法は異なりますが、土地の中の数点を調査するスウェーデン式サウンディング試験に比べると、表面波探査法は面での調査になりますので、それだけ精度が高くなります。