井戸掘りが注目される理由がある|欠点回復術

改良で欠陥をなくす

地盤調査の必要性と結果に基づく改良工事の必要性

住宅を建築するうえで必ず必要になってくるのが地盤調査です。地盤調査の結果をもとにその地盤が建物が建っても耐えられるだけの強度があるか、なければ地盤改良を行い頑丈な地盤にする必要があるのです。きちんと法律が整備されるまでは地盤に原因があり建物が傾いたりひびが入るなどの不具合が発生した際の改修費用は実質的には施主が負担する必要がありました。というのも建物自体の施工が原因で不具合が発生したのではないのでその責任の所在が明らかになっていなかったからです。こうした状況を防ぐために法律が整備され現在では地盤に瑕疵(欠陥)があった場合でも施工から10年間は施工会社が責任を持つ必要があります。こうなると施工会社も地盤調査の結果をもとにきちんとした改良をしてもらえない場合その上に住宅を建築するには相当のリスクがあります。実質的には地盤調査の結果に基づいた地盤改良を行わないと住宅工事が着工されないのです。

地盤改良の費用を事前に予測することの難しさ

地盤改良は場合によっては数百万円の工事費用が必要になります。反対に地盤調査の結果地盤改良が必要ないという判定が出れば工事を行う必要はありません。建築費用を計画するうえでこの費用の差はとても大きいのです。しかし調査を行ってみるまでその結果が分からないのです。しかも調査を行うにはその上に建築する建物の間取りなどの設計がほぼ固定しないことには調査が行えないのです。配置が大きくずれる場合は再調査の必要もあるのです。改良の程度などは周辺の調査結果をもとにある程度予想することはできます。経験豊富な建築会社の担当者であれば過去の調査結果をもとにどのくらいの規模の改良工事が必要かある程度は予測できます。とはいえ調査場所によっては数十センチずれると調査結果が大きく変わるという場所もあるので結果が出てみるまでは費用もわからないのです。